FXの仕組みを知ろう

今株式投資と並ぶ投資の基本と言えば「FX」です。
FXは外国の通貨を売買して利益を出す投資法になります。
このような投資法は他にも存在し、「外国為替保証金取引」または「外国為替証拠金取引」とも呼ばれています。

現在はインターネットで投資をすること主流です。
この主流になったきっかけがFXだと思います。
投資が自宅で気軽にできるようになったのはこのFXの登場が大きいです。

自宅で気軽にできるということは、投資を始める層がぐっと広がりました。
サラリーマンが帰宅後にFXを始め、主婦はお昼の空いた時間にFXを始める。
まさに投資の革命がFXによっておこったのです。

外国為替取引とは、外国為替(外国の通貨)を売買して利益を生み出す投資法です。
例えば「1ドル/100円」の時点で10万円分をドルに変換すれば1000ドルになります。
為替は常に変動しているので、3日後に「1ドル/110円」になったとすれば、変換した1000ドルは11万円の価値になります。

つまり3日後に変換した1000ドルを売れば、1万円の利益が出るという仕組みです。

そしてFXは投資の根本的な仕組みを変えました。
それが少額投資が可能なことです。
投資は大きな資産が必要というイメージを覆し、「レバレッジ」というシステムが大きな特徴になります。

レバレッジは自分の資産を何倍にも設定することができます。
その設定した金額で投資ができるので、少額でも大きな利益を得ることが可能です。