不動産投資の仕組みを知ろう

株式やFXという為替とはちょっと違う投資法が「不動産投資」です。
不動産投資はマンションやアパートを購入し、他人に賃貸することで家賃収入を得る投資法です。

株式投資やFXよりも安定した家賃収入が得られるのが特徴の1つ。
定年後の収入、本業とは別の副収入として人気の投資法になります。
また節税効果もある投資法なので、一石二鳥だと思って利用する人も多いです。

最近ではマンションやアパートではなく、駐車場にして収入を得る人も増えています。
特に東京都内では人気が高く、マンションやアパートよりもランニングコストがかからないのに人気のを集めています。

立地条件を調べ、ニーズがある物件を購入する。
この下調べという意味では株やFXと似てるところです。
初期投資はかかっても利益が出る確率は株やFXよりはるかに高いです。
不動産投資のプロでもある不動産管理会社を介して投資することも可能なので、気軽さもあると思います。

しかしデメリットももちろんあります。
一番わかりやすいのは入居者が見つからないということ。
そこに住んでくれる人がいなければ収入は入ってきません。

あとはやはりまとまった初期投資額が必要だということでしょうか。
物件を購入すれば良いだけのお話ではなく、建物の老巧化、リフォーム、管理費などで維持費がかかることもお忘れなく。