株式投資の仕組みを知ろう

投資と言えばやはり「株式投資」を念頭に置いている人が多いと思います。
誰もが聞いたことがある「株式」という言葉。
まずはここから説明させてください。

起業する際に一番の問題は資金になります。
そこで複数の知り合いに頼んで資金を集めることを思いつきました。
知り合いが快く貸してくれるためにメリットを用意しようと更に思いつきます。
自分の企業の利益が伸びたらその分知り合いにお金を配分するというシステムです。

その契約書を「株式」と言います。

お金を貸してくれた(投資)の証拠として株券を発行し、その投資家は株主になります。
つまり企業の資産の1部を投資家が持っているということ。
利益が上がれば株券の価値が上がり、購入額との差額分が利益になります。

これは逆も考えることができます。
企業の利益が下がれば株券の価値が下がり、購入額との差額分が損失になります。
そして企業が倒産してしまえば、株券はただの紙切れになってしまうのです。

私たち投資家が行う株式投資は、まず売り上げが伸びそうな企業を探すことから始めます。
そしてその企業の株券を購入する。
業績が伸びれば、株券を売ってその分の利益が手元にくる。
これが株式投資です。

コツは社会情勢をまめにチェックしておくこと。
どんな事業の売り上げが良くて、売るタイミングはいつなのか。
企業と一緒に一喜一憂できることが株式投資の醍醐味だと思います。