投資を始める準備の前に

投資初心者の方にまずは「投資」というそもそものことをお話したいと思います。

投資とは、簡単に言えば利益が出そうな金融資産や事業を見つけて資産を投入することです。
資産を投入した金融資産や事業が実際に利益を出せば、投資した資金は利益が乗って手元にきます。
事業に資産を投入し利益を上げることが投資の目的であり、自分の資産を上手に運用することを目的とします。

一見難しそうに聞こえますが、実は皆さんはもう既に投資を始めています。
それが銀行口座に預ける貯金、「預貯金」という投資法です。
国内の預貯金は超低利息なので利益が出てる感覚がないと思いますが、銀行を選ぶ、口座を開設してから資金を預ける。
これも立派な投資の1つなのです。

そして、みなさんが視野に入れているであろう一番王道の投資法と言えば「株式投資」だと思います。
これこそ上記で書いた投資そのものです。
事業を選び、その事業の株券を購入し、事業が利益を出せば株券の価値が上がりその利益が手元にくる。
投資の王道のシステムは株式投資にあります。

もちろん投資はリスクが高いと思っている人もいると思いますが、確かにリスクに関しては勉強しなければいけないところだと思います。
この点は当サイトでも解説するので、おいおいわかってもらえればと思います。

投資はあくまで生活費以外の資産で行うことが鉄則です。
余裕が無い投資は一番のハイリスクになります。
無理ない投資をまずは心がけて投資を行う準備を行いましょう。